小倉百人一首の全首を見る

歌番号 77

戻る

崇徳院

すとくいん  
崇徳院

(1119-1164) 父は鳥羽天皇。父と不仲で退位させられる。保元の乱を起こし、配流先の讃岐で没した。

Sutoku-in

(1119-1164 C.E.)His father was Emperor Toba, who forced him out of power after a dispute between them. He started the Hogen Uprising, and was subsequently exiled to Sanuki, where he died.

上の句

せをはやみ
瀬をはやみ
いはにせかるる
岩にせかるる
たきがはの
滝川の

下の句

われてもすゑに  
われても末に  
あはむとぞおもふ  
あはむとぞ思ふ  
部立
恋 
出典
詞花集 
主題
仲をさかれても将来は一緒になろうという強い恋心 
歌意

急な傾斜のため、川の瀬が激しく速いので、岩にせき止められた水の流れが一度は二筋に別れても、また後ほど出会うように、熱い思いで別れた私たちもまた必ず逢おうと思う。

The rapids rush over a steep plummet, and the water is spliced into two currents by a rock in the center. Just like those two streams will meet once again, we two as well will have the chance to look upon each other in the future.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ