小倉百人一首の全首を見る

歌番号 66

戻る

前大僧正行尊

さきのだいそうじょうぎょうそん  
前大僧正行尊 坊主

(1055-1135) 敦明親王の孫。園城寺で修行して諸国を遍歴した。加持祈祷で効験を現し、天皇の護持僧となり、後に天台座主となった。

Saki-no-Daisojo Gyoson 

(1055-1135 C.E.)He was a grandson of Prince Atsuakira. After training at Onjoji Temple, he wandered through many regions. He was a proponent of Buddhist blessings and prayers, becoming a monk in service of the emperor and later the head of the Tendai sect.

上の句

もろともに
もろともに
あはれとおもへ
あはれと思へ
やまざくら
山桜

下の句

はなよりほかに  
花よりほかに  
しるひともなし  
知る人もなし  
部立
雑 
出典
金葉集 
主題
修行のために入った深山での山桜に呼びかける孤独感 
歌意

私がお前に親しみを感じるように、お前も一緒に私のことを懐かしく思っておくれ。山桜よ。お前以外に私の心を本当に知ってくれるものはいないのだから。

I think of you as someone very close to me, and I hope you feel the same nostalgic way for me. Oh, mountain cherry blossoms, there is no one else in this world who knows me as you do.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ