心あまりてことば足らず

百人一首の「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」の歌で知られる在原業平(825~880)は、平安初期を代表する歌人として六歌仙や三十六歌仙に選ばれています。天皇家の流れを汲み、端正な容姿に恵まれた業平は、『伊勢物語』の昔男のモデルとなり、二条后(藤原高子)や伊勢斎宮との禁じられた恋に生きたとされるなど、色好みの代名詞として後世に大きな影響を与えました。
今回の企画展では、百人一首を代表する歌人・在原業平を取り上げ、その歌と恋愛の世界、京都に残るゆかりの地などをご紹介します。
展示協力 株式会社思文閣出版
※出品作品は変更になる可能性があります。

  • 展示内容詳細へ
  • 企画展チラシダウンロード
夏休みこどもワークショップ
サマーバレンタイン

イベントは終了しました

第2回 お笑い百人一首コン 七夕編
鏡リュウジ 講演会 時雨殿 恋うらブース
「恋うた・百人一首」 平安貴族 装束体験
嵐山スイーツコレクション 七夕大笹・願い事短冊