小倉百人一首の全首を見る

百人一首かるた

百人一首かるた

紙本着色 7.9×5.6センチ
江戸時代
(財団法人小倉百人一首文化財団所蔵)

江戸時代に作成された肉筆かるた。

読み札は料紙の上方に金泥で雲を配し、上の句を散らし書きするとともに極彩色で歌人の姿を描く。

取り札は金箔を散らした料紙に金泥で下絵を描き、読み札同様散らし書きで下の句を書く。

黒漆に菊唐草文様の蒔絵を施した豪華な箱を伴っており、貴族や大名の嫁入り道具の一部として作られたと考えられる。

資料貸し出し、画像利用について

このページの先頭へ