小倉百人一首の全首を見る

歌番号 99

戻る

後鳥羽院

ごとばいん  
後鳥羽院

(1180-1239) 高倉天皇の皇子。承久の乱で鎌倉幕府打倒を図るが失敗。配流地・隠岐で没した。

Gotoba-in

(1180-1239)Son of Emperor Takakura. He attempted to topple the Kamakura Shogunate with the Jokyu Uprising, but failed. He died in exile on Oki Island.

上の句

ひともをし
人もをし
ひともうらめし
人も恨めし
あぢきなく
あぢきなく

下の句

よをおもふゆゑに  
世を思ふゆゑに  
ものおもふみは  
物思ふ身は  
部立
雑 
出典
続後撰集 
主題
愛憎が交錯し、思い悩みつつ世に生きる身の嘆き 
歌意

ある時は人々を愛しく思い、またある時は恨めしいとも思う。この世はどうにかならないものだろうが、それゆえに物思いをする私であるよ。

Sometimes I feel others are very dear to me, while at other times I can only reproach them. I know there is no way to make things go as I wish, and yet I am lost in the reverie of my desires.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ