小倉百人一首の全首を見る

歌番号 96

戻る

入道前太政大臣

にゅうどうさきのだいじょうだいじん  
入道前太政大臣

藤原公経 (1171-1244) 内大臣実宗の子で、西園寺家を興す。太政大臣になった後、出家した。

Nyudo Saki-no-Daijodaijin

Fujiwara-no-Kintsune (1171-1244 C.E.)A child of Naidaijin Sanemune, he was responsible for establishing the Saionji family. He went on to become a monk after serving as Daijodaijin.

上の句

はなさそふ
花さそふ
あらしのにはの
嵐の庭の
ゆきならで
雪ならで

下の句

ふりゆくものは  
ふりゆくものは  
わがみなりけり  
わが身なりけり  
部立
雑 
出典
新勅撰集 
主題
桜の落花に寄せて述べる自身の老いの嘆き 
歌意

桜を誘って散らす激しい風が吹く庭。そこに散り敷くのは雪かと思う。しかしふる(降る)のは雪ではなく、実は古びていく私自身なのだ。

The wind blows through the garden, scattering the cherry blossoms, and there are so many petals that one could mistake them for snow. Yet it is not snow that is falling; rather it is I who is fading.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ