小倉百人一首の全首を見る

歌番号 94

戻る

参議雅経

さんぎまさつね  
参議雅経

藤原雅経 (1170-1221) 父は頼経。和歌・蹴鞠の飛鳥井家を興した。『新古今集』の撰者の一人。

Sangi Masatsune

Fujiwara-no-Masatsune (1170-1221 C.E.)Son of Yoritsune, he established the Asukai lineage of waka and the sport of kemari, and was also one of the compilers of the Shinkokinshu waka collection.

上の句

みよしのの
み吉野の
やまのあきかぜ
山の秋風
さよふけて
さ夜ふけて

下の句

ふるさとさむく  
ふるさと寒く  
ころもうつなり  
衣うつなり  
部立
四季(秋) 
出典
新古今集 
主題
きぬたの音が身にしみる、吉野山の秋の夜の寂しさ 
歌意

吉野の山から秋風が吹き、夜も更けた。昔、都だったこの里では寒さもいっそう身にしみて、砧(木や石の台)に置いた衣を打つ音が寒々と聞こえてくる。

The autumn winds blow through Mt.Yoshino to hail the darkness. The coldness of this town, once the capital, chills one to the bone, and even the sound of someone striking cloth on a board makes me shiver.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ