小倉百人一首の全首を見る

歌番号 93

戻る

鎌倉右大臣

かまくらのうだいじん  
鎌倉右大臣

源実朝 (1192-1219) 鎌倉幕府を築いた源頼朝の二男。三代将軍となるが、甥の公暁に暗殺された。

Kamakura-no-Udaijin

Minamoto-no-Sanetomo (1192-1219 C.E.)Second son of Minamoto-no-Yoritomo, who established the Kamakura Shogunate, he was third shogun, but was assassinated by his nephew Kugyo.

上の句

よのなかは
世の中は
つねにもがもな
つねにもがもな
なぎさこぐ
渚こぐ

下の句

あまのをぶねの  
あまの小舟の  
つなでかなしも  
綱手かなしも  
部立
羈旅 
出典
新勅撰集 
主題
漁師のさまを見て、世の無常を嘆く哀感 
歌意

変わりやすい世の中ではあるが、ずっと平和であってほしいことだ。この海辺は平穏で、渚を漕ぎ出す小舟が引き綱を引いている光景が、しみじみと愛しく心にしみることだ。

I know that everything in this world is forever changing, and yet my wish is for lasting peace. The scene of this tranquil beach, dotted with fishermen casting their nets into the water, has become very dear to me.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ