小倉百人一首の全首を見る

歌番号 90

戻る

殷富門院大輔

いんぶもんいんのたいふ  
殷富門院大輔

(生没年不詳) 父は藤原信成。殷富門院(後白河院皇女亮子内親王)に仕え、門院の出家に従い出家した。

Inpumon-in-no-Taifu

(Birth/death dates unknown)Daughter of Fujiwara-no-Nobunari. Served Inpumon-in (imperial princess of Emperor Goshirakawa, originally known as Ryoshi), becoming a nun when Inpumon-in became a nun.

上の句

みせばやな
見せばやな
をじまのあまの
雄島のあまの
そでだにも
袖だにも

下の句

ぬれにぞぬれし  
濡れにぞ濡れし  
いろはかはらず  
色は変はらず  
部立
恋 
出典
千載集 
主題
相手のつれなさを嘆き、つらさを訴える恋の心情 
歌意

ああ、あの人に見せたいものよ。雄島の漁師の袖でさえ、どれほど波しぶきで濡れに濡れたとしても色が変わらないというのに、私の袖はもう涙ですっかり色が変わっている。

Oh how I want to show him. The sleeves of the fishermen’s garb are incessantly bombarded by the waves, but the color of the dye does not change. Yet I have cried so much that the hue of my sleeves pales to what it once was.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ