小倉百人一首の全首を見る

歌番号 9

戻る

小野小町

おののこまち  
小野小町

(生没年不詳) 絶世の美女とされる女流歌人。様々な伝説が残る。六歌仙、三十六歌仙の一人。

Ono-no-Komachi 

(Birth/death dates unknown)She was an extremely well-known for her great beauty as well as her poetry, and her story gave rise to many legends. She is included amongst both the Six Immortal Poets and the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

はなのいろは
花の色は
うつりにけりな
うつりにけりな
いたづらに
いたづらに

下の句

わがみよにふる  
わが身世にふる  
ながめせしまに  
ながめせしまに  
部立
四季(春) 
出典
古今集 
主題
色あせた桜に寄せての、容色の衰えと憂愁の心 
歌意

桜の花の色がすっかり色あせてしまったと同じように、私の容姿もすっかり衰えてしまったなあ。桜に降る長雨を眺め、むなしく恋の思いにふけっている間に。

I feel I’ve faded, just like the cherry blossoms that have lost their color. Watching the endless rain, I get lost in the sadness of my thoughts of past loves lost.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ