小倉百人一首の全首を見る

歌番号 88

戻る

皇嘉門院別当

こうかもんいんのべっとう  
皇嘉門院別当

(生没年不詳) 父は源俊隆。皇嘉門院(崇徳院皇后聖子)に仕えた。

Kokamon-in-no-Betto

(Birth/death dates unknown)She was the daughter of Minamoto-no-Toshitaka. Served Kokamon-in, empress to Sutoku-in, who was formerly known as Seishi.

上の句

なにはえの
難波江の
あしのかりねの
葦のかりねの
ひとよゆゑ
ひとよゆゑ

下の句

みをつくしてや  
みをつくしてや  
こひわたるべき  
恋ひわたるべき  
部立
恋 
出典
千載集 
主題
旅寝の一夜の契りゆえの一途な女の恋心のあわれさ 
歌意

難波江の葦を刈ったあとの一節の根のように、短い仮寝の一夜だけのために、難波江の名物「みをつくし」でもあるまいに私は身を尽くして一生恋することになるのでしょうか。

I will spend my life longing for the tiny glimpses of the love I felt on that fleeting night, short as the root of the reeds cut along the banks of Naniwa Bay.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ