小倉百人一首の全首を見る

歌番号 85

戻る

俊恵法師

しゅんえほうし  
俊恵法師 坊主

(1113-?) 父は源俊頼。東大寺の僧で、平安末期の代表歌人として知られる。鴨長明は弟子。

Shun-e Hoshi

(1113-? C.E.) Son of Minamoto-no-Toshiyori, he was a monk at Todaiji Temple. He is regarded as one of the great poets of the late Heian Period. Kamo-no-Chomei was a close student.

上の句

よもすがら
夜もすがら
ものおもふころは
物思ふころは
あけやらで
明けやらで

下の句

ねやのひまさへ  
閨のひまさへ  
つれなかりけり  
つれなかりけり  
部立
恋 
出典
千載集 
主題
訪れて来ない男のつれなさを恨む心 
歌意

夜通し、まだ訪れぬお慕いするあの方のことを思い悩むときは、夜はなかなか明けないで、あの方を待つはずの寝間の戸のすきまさえ、私の気持ちを分かってはくれないものだ。

The night passes ever so slowly as I think of the one I love, wishing she were here. Even the crack in the doorway where I wait for her to appear cannot express my intense longing.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ