小倉百人一首の全首を見る

歌番号 84

戻る

藤原清輔朝臣

ふじわらのきよすけあそん  
藤原清輔朝臣

(1104-1177) 顕輔の子。歌道の六条家を継いだ。『続詞花集』を編纂。

Fujiwara-no-Kiyosuke-ason 

(1104-1177 C.E.)A child of Akisuke, he perpetuated the Rokujo waka lineage. He also compiled the Shokushikashu.

上の句

ながらへば
ながらへば
またこのごろや
またこのごろや
しのばれむ
しのばれむ

下の句

うしとみしよぞ  
憂しと見し世ぞ  
いまはこひしき  
今は恋しき  
部立
雑 
出典
新古今集 
主題
つらく苦しい現実に暗く沈みがちな心境 
歌意

もしこの世に生き永らえていたら、つらい今が懐かしく思い出されることもあるのだろうか。かつてつらかったあのときも、今思い返すと恋しく懐かしく思われるのだから。

If one lives to see old age, I wonder if one can look back on the hard times with the soft edge of nostalgia, just as I reminisce about past trials and tribulations today.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ