小倉百人一首の全首を見る

歌番号 8

戻る

喜撰法師

きせんほうし  
喜撰法師 坊主

(生没年不詳)六歌仙の一人だが、伝不詳。宇治山に住んだといわれる。

Kisen Hoshi

(Birth/death dates unknown)Though he is one of the Six Immortal Poets, there are no definitive records on his life. He is said to have lived on Mt. Uji.

上の句

わがいほは
わが庵は
みやこのたつみ
都のたつみ
しかぞすむ
しかぞすむ

下の句

よをうぢやまと  
世をうぢ山と  
ひとはいふなり  
人はいふなり  
部立
雑 
出典
古今集 
主題
心静かに住む、宇治での隠棲 
歌意

私の庵は都の東南にあり、辺りには鹿もいるほど寂しいが、これこの通り静かに暮らしている。それなのに人は私を世の中をつらいと思って宇治に遁れていると言っているそうだ。

My little hermitage lies to the southeast of the capital, and it’s such a lonely place that I’m visited by deer, and the quietude is just the way I like it. But people seem to think I’ve taken refuge in Uji because I’ve grown tired of the world.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ