小倉百人一首の全首を見る

歌番号 79

戻る

左京大夫顕輔

さきょうのだいぶあきすけ  
左京大夫顕輔

藤原顕輔 (1090-1155) 父は藤原顕季。父に和歌を学んで、歌道の六条家を受け継いだ。『詞花集』の撰者。

Sakyo-no-Daibu Akisuke

Fujiwara-no-Akisuke (1090-1155 C.E.)His father was Fujiwara-no-Akisue. Learning waka from his father, he succeeded the Rokujo waka lineage. He compiled the Shikashu, a collection of waka.

上の句

あきかぜに
秋風に
たなびくくもの
たなびく雲の
たえまより
たえ間より

下の句

もれいづるつきの  
もれ出づる月の  
かげのさやけさ  
かげのさやけさ  
部立
四季(秋) 
出典
新古今集 
主題
雲の間からもれて来る秋の月の光の清らかな美しさ 
歌意

秋風に吹かれて、大空に横に細くたなびいている雲の切れ間から、漏れて姿を現す月の光の、何という清らかな明るさであろう。

The autumn wind blows and the moon peeks out from amongst the clouds in the great expanse of the sky. Its pure beauty and brightness pierce my heart.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ