小倉百人一首の全首を見る

歌番号 78

戻る

源兼昌

みなもとのかねまさ  
源兼昌

(生没年不詳) 父は俊輔。十二世紀初頭の歌人として知られる。

Minamoto-no-Kanemasa

(Birth/death dates unknown)Son of Toshisuke, he was a well-known poet in the early 12th century.

上の句

あはぢしま
淡路島
かよふちどりの
かよふ千鳥の
なくこゑに
鳴く声に

下の句

いくよねざめぬ  
幾夜ねざめぬ  
すまのせきもり  
須磨の関守  
部立
四季(冬) 
出典
金葉集 
主題
須磨の千鳥の声によってもよおされた旅の哀感 
歌意

海峡を隔てて日中は見えるあの淡路島から渡ってくる千鳥の鳴く悲しい声に、この須磨の関所の番人は幾夜目を覚まして物思いにふけったことだろうか。

The sad cries of the plover can be heard as they make their way over the straits from Awaji Island, which can be seen during the day, yet is shrouded in darkness at night. I wonder how many times the night watchman at Suma has been awakened and tantalized by those cries.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ