小倉百人一首の全首を見る

歌番号 76

戻る

法性寺入道前関白太政大臣

ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん  
法性寺入道前関白太政大臣

藤原忠通 (1097-1164) 忠実の子。兼実と慈円の父。太政大臣に至る。父や弟と氏長者の地位を巡り争った。

Hosshoji Nyudo Saki-no-Kanpaku Daijodaijin

Fujiwara-no-Tadamichi (1097-1164 C.E.)A son of Tadazane, he is also the father of Kanezane and Jien. He eventually rose to the post of Daijodaijin. He fought with his father and brother over the position of representative of the clan.

上の句

わたのはら
わたの原
こぎいでてみれば
こぎ出でてみれば
ひさかたの
久方の

下の句

くもゐにまがふ  
雲ゐにまがふ  
おきつしらなみ  
冲つ白波  
部立
雑 
出典
詞花集 
主題
白雲と沖の白波とがとけあって見える大海原の眺め 
歌意

広々とした海に舟を漕ぎ出して、遥かかなたを見渡すと、沖の方には白い雲に見間違えるほどの大きな白波が立っていたのです。

Out on the open sea in my boat, I looked to the gently curved horizon, and beheld a wave so massively white that I mistook it for clouds in the distance.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ