小倉百人一首の全首を見る

歌番号 75

戻る

藤原基俊

ふじわらのもととし  
藤原基俊

(1060-1142) 右大臣俊家の子。博学だが官位には恵まれなかった。晩年、出家した。

Fujiwara-no-Mototoshi

(1060-1142 C.E.)Son of Udaijin Toshiie. Though he was an accomplished scholar, his official rank remained low. He became a monk in his later years.

上の句

ちぎりおきし
契りおきし
させもがつゆを
させもが露を
いのちにて
いのちにて

下の句

あはれことしの  
あはれ今年の  
あきもいぬめり  
秋もいぬめり  
部立
雑 
出典
千載集 
主題
願っていた子供の栄達の約束が果たされぬ悲嘆 
歌意

つらくても私を信じなさいというさしも草の歌に掛けた恵みの露のようにありがたい約束のお言葉を命綱のように頼ってきましたのに、今年の秋も過ぎてゆくようです。

The promise you made to me was as beautiful as the due on the rush, and you implored me to have faith in you no matter how hard it was. Yet, alas, another autumn is going by and I have yet to cast eyes on you.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ