小倉百人一首の全首を見る

歌番号 74

戻る

源俊頼朝臣

みなもとのとしよりあそん  
源俊頼朝臣

(1055?-1129?) 経信の子。もと堀河天皇近習の楽人。官位は高くないが、白河院の命で『金葉集』を撰す。

Minamoto-no-Toshiyori-ason 

(c. 1055-1129 C.E.)Son of Tsunenobu, he served as a musician in the court of Emperor Horikawa. Though he was not of high rank, he compiled the Kinyoshu waka collection on the command of Shirakawa-in.

上の句

うかりける
憂かりける
ひとをはつせの
人を初瀬の
やまおろしよ
山おろしよ

下の句

はげしかれとは  
はげしかれとは  
いのらぬものを  
祈らぬものを  
部立
恋 
出典
千載集 
主題
つれない人をなびかせようと祈ったが、叶わぬ嘆き 
歌意

私につれないあの人をなびかせてくれるようにと初瀬の観音様にお祈りはしたが、ああ、初瀬の山に吹く冷たい山おろしよ、お前のように冷たくなれとは祈らなかったのに。

I prayed with all my heart to the Hatsuse Kannon that I could win you. I didn’t pray that you would become as cold as the winds billowing down from the hills of Hatsuse.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ