小倉百人一首の全首を見る

歌番号 73

戻る

前中納言匡房

さきのちゅうなごんまさふさ  
前中納言匡房

大江匡房 (1041-1111) 匡衡・赤染衛門の曾孫。博学で白河院に重用された。数多くの著書を残す。

Gonchunagon Masafusa

Oe-no-Masafusa (1041-1111 C.E.)He was the great-grandchild of Masahira and Akazome Emon. He was held in high regard by Shirakawa-in on account of his great scholarship, producing numerous written works.

上の句

たかさごの
高砂の
をのへのさくら
をのへの桜
さきにけり
咲きにけり

下の句

とやまのかすみ  
外山のかすみ  
たたずもあらなむ  
立たずもあらなむ  
部立
四季(春) 
出典
後拾遺集 
主題
はるかな山の峰に咲く桜への愛着 
歌意

遠くの高い山の頂きに山桜が美しく咲いたなあ。近いところの山の霞よ、どうか立たないでおくれ。あの美しい山桜が見えなくなってしまうから。

Mountain cherry blossoms are blooming wildly on the faraway peaks. Mist of the nearby mountains, stay clear today so that we may behold the cherry blossoms in the distance.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ