小倉百人一首の全首を見る

歌番号 72

戻る

祐子内親王家紀伊

ゆうしないしんのうけのき  
祐子内親王家紀伊

平安後期の女流歌人で生没年不詳。祐子内親王(後朱雀天皇皇女)に仕えた。『堀河百首』の歌人の一人。

Yushi Naishinnoke-no-Kii 

Though she was a famed woman poet of the late Heian Period, her birth and death dates are unknown. She served Yushi Naishinno, a princess of the court of Emperor Gosuzaku. She is one of the poets mentioned in the Horikawa Hyakushu waka collection.

上の句

おとにきく
音にきく
たかしのはまの
たかしの浜の
あだなみは
あだ波は

下の句

かけじやそでの  
かけじや袖の  
ぬれもこそすれ  
ぬれもこそすれ  
部立
恋 
出典
金葉集 
主題
浮気で評判の男性に言い寄られ、それを拒む気持ち 
歌意

うわさに名高い高師の浜の波は身にかけますまい。袖が濡れては大変ですから。おなじように浮気で名高いあなたのお言葉は心にかけますまい。袖を涙で濡らすのは嫌ですから。

I refuse to get wet my kimono sleeves wet in the famed waves of Takashi-no-hama. In the same way, I cannot hear what you are saying, as you betray my trust in your dalliances, which are no secret. I do not wish my sleeves to be wet with tears.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ