小倉百人一首の全首を見る

歌番号 71

戻る

大納言経信

だいなごんつねのぶ  
大納言経信

源経信 (1016-1097) 詩歌管弦に秀で、数々の歌合に出席し、判者も務める。任地・太宰府で没した。

Dainagon Tsunenobu

Minamoto-no-Tsunenobu (1016-1097 C.E.)Adept at Chinese-style poems, waka, and gagaku orchestral music, he attended a number of poetry competitions, and also acted as a judge. He passed away at his post in Dazaifu.

上の句

ゆふされば
夕されば
かどたのいなば
門田の稲葉
おとづれて
おとづれて

下の句

あしのまろやに  
葦のまろやに  
あきかぜぞふく  
秋風ぞ吹く  
部立
四季(秋) 
出典
金葉集 
主題
夕方の田舎家に稲田を渡って吹いて来る秋風の風情 
歌意

夕方になると、家の前の田んぼに秋の風が訪れ、稲葉がさやさやとよい音を立てて揺れる。その冷たくて心地好い秋風は、私がいるこの葦葺きの田舎家にも吹き渡ってくるよ。

When the sun goes down, the autumn breeze touches the fields in front of my home, enticing the rice stalks to whisper a lovely little song. The cool autumn night touches my heart too, as I sit in my country home of straw.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ