小倉百人一首の全首を見る

歌番号 70

戻る

良暹法師

りょうぜんほうし  
良暹法師 坊主

(生没年不詳) 詳しい伝記は不明。比叡山の僧で、祇園社の別当。洛北・大原に隠棲、晩年は雲林院に住んだという。

Ryozen Hoshi 

(Birth/death dates unknown)Though there are no definitive records of his life, it is known that he was a monk at Mt. Hiei and also served as betto at Gionsha Shrine. He retired in Ohara, north of Kyoto, spending his later years at Unrin-in.

上の句

さびしさに
さびしさに
やどをたちいでて
宿をたち出でて
ながむれば
ながむれば

下の句

いづこもおなじ  
いづこも同じ  
あきのゆふぐれ  
秋の夕暮れ  
部立
四季(秋) 
出典
後拾遺集 
主題
ものみなが秋の夕暮れの寂寥をたたえている感慨 
歌意

あまりの寂しさに、庵の外に出て辺りを物思いにふけりながら眺めてみると、私の心が悲しみに沈んでいるせいだろうか、どこもおなじように寂しい秋の夕暮れであるなあ。

I’m so lonely that I venture out of my hermitage to take in the views, but perhaps because my despair is so great, everything else looks as forlorn as I do in this autumn hour of twilight.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ