小倉百人一首の全首を見る

歌番号 68

戻る

三条院

さんじょういん  
三条院

(976-1017) 冷泉天皇の第二皇子。わずか五年で道長の圧迫により退位。出家してほどなく没した。

Sanjo-in

(976-1017 C.E.)Second son of Emperor Reizei, he was ousted in just five years due to pressure from Michinaga. He died shortly after becoming a monk.

上の句

こころにも
心にも
あらでうきよに
あらでうき世に
ながらへば
ながらへば

下の句

こひしかるべき  
恋しかるべき  
よはのつきかな  
夜半の月かな  
部立
雑 
出典
後拾遺集 
主題
不遇な現実も恋しく思えるだろうという絶望的嘆き 
歌意

自分の本心に反して、この思うままにならないつらい世の中に生き永らえていたならば、その時はきっと恋しく思い出すに違いない。今夜のこの美しい月のことを。

I have no choice but to go on living in this world of suffering, somehow lying to myself. In difficult times, I will remember tonight’s astonishingly beautiful moon.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ