小倉百人一首の全首を見る

歌番号 67

戻る

周防内侍

すおうのないし  
周防内侍

平安後期の女流歌人で生没年不詳。後冷泉、白河、堀河天皇らに仕えた。晩年、病にかかり出家した。

Suo-no-Naishi 

Though a well-known woman poet of the late Heian Period, little is known of her birth and death. She served Emperors Goreizei, Shirakawa, and Horikawa. In her later years she became a nun after falling ill.

上の句

はるのよの
春の夜の
ゆめばかりなる
夢ばかりなる
たまくらに
手枕に

下の句

かひなくたたむ  
かひなく立たむ  
なこそをしけれ  
名こそ惜しけれ  
部立
雑 
出典
千載集 
主題
たわむれに契っては浮き名が立つと、断る気持ち 
歌意

春の夜の夢のようにはかないあなたの腕枕のために、つまらなく立ってしまう浮き名を残念に思うことです。

I regret the loss of my name over reasons as small as the moment I spent with you lying next to me, a moment fleeting as a spring night.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ