小倉百人一首の全首を見る

歌番号 65

戻る

相模

さがみ  
相模

(生没年不詳) 源頼光の娘との説も。夫・大江公資の任地から相模と呼ばれた。離婚して脩子内親王に仕えた。

Sagami

(Birth/death dates unknown)Some believe that she may have been the daughter of Minamoto-no-Yorimitsu. She was known as Sagami from the name of the region to which her husband, Oe-no-Kinsuke, was appointed. She was divorced from her husband and went on to serve Princess Sushi.

上の句

うらみわび
恨みわび
ほさぬそでだに
ほさぬ袖だに
あるものを
あるものを

下の句

こひにくちなむ  
恋にくちなむ  
なこそをしけれ  
名こそ惜しけれ  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
恋の浮き名に朽ちてしまいそうな自分を惜しむ心 
歌意

つれない人を恨み悲しんで流す涙で、乾くときもないこの袖さえ朽ちずに残っているのに、恋の噂で朽ちてしまう私の名が惜しいことですよ。

My sleeves never dry from the constant tears I cry for that cold-hearted person, and yet these sleeves do not rot away. Yet it is hard for me to accept that my name is being tainted by the rumors of my love.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ