小倉百人一首の全首を見る

歌番号 64

戻る

権中納言定頼

ごんちゅうなごんさだより  
権中納言定頼

藤原定頼 (995-1045) 藤原公任の子。父譲りで和歌に秀で、能書家でもあった。中古三十六歌仙の一人。

Gonchunagon Sadayori

Fujiwara-no-Sadayori (995-1045 C.E.)Son of Fujiwara-no-Kinto, he inherited a gift for waka, and was also known as a great calligraphy master. He is included amongst the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

あさぼらけ
朝ぼらけ
うぢのかはぎり
宇治の川霧
たえだえに
たえだえに

下の句

あらはれわたる  
あらはれわたる  
せぜのあじろぎ  
瀬々の網代木  
部立
四季(冬) 
出典
千載集 
主題
霧の絶え間に網代木が見える宇治川のすがすがしさ 
歌意

朝、だんだんと明るくなってくる頃、宇治川に立ち込めた川霧がとぎれとぎれに晴れていき、その霧の間から、しだいに現れてくるあちらこちらの川瀬に仕掛けた網代木よ。

In the morning, as the morning light slowly dawns, the fog over the Uji River lifts little by little, and I see the wicker fishnets artfully drawn over the rapids.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ