小倉百人一首の全首を見る

歌番号 63

戻る

左京大夫道雅

さきょうのだいぶみちまさ  
左京大夫道雅

藤原道雅 (992-1054) 内大臣伊周の子。幼時に家が没落、荒んだ半生を送ったが、晩年は歌会など風流を楽しむ。

Sakyo-no-Daibu Michimasa

Fujiwara-no-Michimasa (992-1054 C.E.)A son of Naidaijin Korechika, he suffered hardship during the first half of his life due to the downfall of his family. In his later years, however, he was able to join in the high-society pursuit of poetry circles.

上の句

いまはただ
今はただ
おもひたえなむ
思ひ絶えなむ
とばかりを
とばかりを

下の句

ひとづてならで  
人づてならで  
いふよしもがな  
言ふよしもがな  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
あきらめると一言だけでも直接告げたい切なる思い 
歌意

今となってはただもうあなたのことはきっぱり思い切ってしまおう、というその一言だけを、他人に頼んでではなくて、直接あなたに言う方法があってほしいものだなあ。

There is just one thing I wish to tell you in person, and not through someone else, and that is that everything is finished between us. I must find a way to tell you.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ