小倉百人一首の全首を見る

歌番号 62

戻る

清少納言

せいしょうなごん  
清少納言

(生没年不詳) 清原深養父の曾孫、元輔の娘。橘則光の妻となり一子を成すが離別。一条天皇の中宮定子に仕えて『枕草子』を著した。

Sei Shonagon

(Birth/death dates unknown) Great-grandchild of Kiyohara-no-Fukayabu, and daughter of Motosuke. She later married Tachibana-no-Norimitsu, but the two divorced despite the fact that they had one child between them. She served Teishi, empress to Emperor Ichijo, authoring Makura no Soshi.

上の句

よをこめて
夜をこめて
とりのそらねは
鳥のそらねは
はかるとも
はかるとも

下の句

よにあふさかの  
よに逢坂の  
せきはゆるさじ  
関はゆるさじ  
部立
雑 
出典
後拾遺集 
主題
夜深いうちに帰った男に対し、やり返す心 
歌意

まだ夜も明けきらないうちに、鶏の鳴きまねをして、だまして通ろうとしても、私と逢うこの逢坂の関だけは決して通しはしませんから。

You can try to fool me by crowing like a rooster before the dawn to get through unseen, but you will never get past Osaka, for I will surely see you there.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ