小倉百人一首の全首を見る

歌番号 61

戻る

伊勢大輔

いせのたいふ  
伊勢大輔

(生没年不詳) 大中臣能宣の孫。一条天皇の中宮彰子に仕えた。晩年は白河天皇の養育係を務めた。

Ise-no-Taifu

(Birth/death dates unknown)The grandchild of Onakatomi-no-Yoshinobu, she served Shoshi, empress to Emperor Ichijo. In her later years, she was placed in charge of rearing the Emperor Shirakawa.

上の句

いにしへの
いにしへの
ならのみやこの
奈良の都の
やへざくら
八重桜

下の句

けふここのへに  
けふ九重に  
にほひぬるかな  
にほひぬるかな  
部立
四季(春) 
出典
詞花集 
主題
旧都平城京の八重桜が、平安京の宮中に咲く美しさ 
歌意

昔、奈良の都で咲き誇っていた八重桜が、今日は平安京のこの宮中でいちだんと美しく咲き誇っていることであるよ。

The double-blossoming cherry blossoms, once the pride of Nara, are now more beautiful than ever here in the court of Kyoto.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ