小倉百人一首の全首を見る

歌番号 60

戻る

小式部内侍

こしきぶのないし  
小式部内侍

(?-1025) 和泉式部の娘。一条天皇中宮彰子に仕え、藤原教通らの寵愛を受けるが、二十代で早世。

Koshikibu-no-Naishi

(?-1025 C.E.)Daughter of Izumi Shikibu. Served Shoshi, empress to Emperor Ichijo. Though a favorite of Fujiwara-no-Norimichi and others, she unfortunately died when she was still in her twenties.

上の句

おほえやま
大江山
いくののみちの
いく野の道の
とほければ
遠ければ

下の句

まだふみもみず  
まだふみも見ず  
あまのはしだて  
天の橋立  
部立
雑 
出典
金葉集 
主題
母からの便りは受け取っていないという趣旨の伝達 
歌意

大江山を越えて行く生野の道のりが遠いので、まだ天の橋立へ行ったことはありませんし、ましてや母からの手紙なども見てはおりませんよ。

The Ikuno road to Mt. Oeyama is so far away that I have not yet been to Amanohashidate, and my mother has sent me no letters.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ