小倉百人一首の全首を見る

歌番号 6

戻る

中納言家持

ちゅうなごんやかもち  
中納言家持

大伴家持 (718?-785)父は旅人。『万葉集』の編纂に関わったという説も。三十六歌仙の一人。

Chunagon Yakamochi

Otomo-no-Yakamochi (c. 718-785 C.E.)Sun of Tabito. Some believe that he was involved in the compilation of the Manyoshu, and he is included amongst the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

かささぎの
かささぎの
わたせるはしに
渡せる橋に
おくしもの
おく霜の

下の句

しろきをみれば  
白きを見れば  
よぞふけにける  
夜ぞふけにける  
部立
四季(冬) 
出典
新古今集 
主題
宮中の冬の霜の夜更けの幻想的な美しさ 
歌意

かささぎが翼を並べて架けたといわれる天の川の橋。それにたとえられる宮中の橋に真っ白な霜が降りて、その白の深さを見るにつけても、夜もいっそう更けてきたことよ。

The bridge of the Milky Way is said to be formed of the wings of the magpie. The bridge of the imperial court, a match for its beauty, is shrouded in frost, and the shocking white makes the night seem darker still.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ