小倉百人一首の全首を見る

歌番号 58

戻る

大弐三位

だいにのさんみ  
大弐三位

(生没年不詳) 紫式部の娘。母に続いて中宮彰子に仕えた後、後冷泉天皇の乳母となった。

Daini-no-Sanmi

(Birth/death dates unknown)Daughter of Murasaki Shikibu. After serving Empress Shoshi as her mother did, she became wet nurse to Emperor Goreizei.

上の句

ありまやま
ありま山
ゐなのささはら
ゐなの笹原
かぜふけば
風吹けば

下の句

いでそよひとを  
いでそよ人を  
わすれやはする  
忘れやはする  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
冷たい男に対して自分の変わらぬ気持を訴える心 
歌意

有馬山近くにある猪名の笹原に風が吹くとそよそよ鳴る音がする。そうですよ、(忘れるのはあなたの方であって)どうして私があなたのことを忘れることがありましょうか。

A soft little rustling of the bamboo can be heard when the breeze sweeps through Ina near Mt. Arima, reminding me of you. Even if you forget me completely, I can never forget you.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ