小倉百人一首の全首を見る

歌番号 57

戻る

紫式部

むらさきしきぶ  
紫式部

(970?-1016?) 藤原兼輔の曾孫で、大弐三位の母。結婚後数年で夫・藤原宣孝と死別し、一条天皇中宮彰子に出仕。『源氏物語』を著す。

Murasaki-Shikibu

(c. 970-1016 C.E.) Great-granddaughter of Fujiwara-no-Kanesuke, she was the mother of Daini-no-Sanmi.After her husband Fujiwara-no-Nobutaka passed away,she served Shoshi ,empress to Emperor Ichijo.She is the author of"Genji Monogatari"(Tale of Genji)

上の句

めぐりあひて
めぐりあひて
みしやそれとも
見しやそれとも
わかぬまに
分かぬまに

下の句

くもがくれにし  
雲がくれにし  
よはのつきかな  
夜半の月かな  
部立
雑 
出典
新古今集 
主題
あわただしく帰っていった幼友だちへの名残惜しさ 
歌意

久しぶりにめぐり逢って見たのが確かであるかどうか、見分けがつかないうちにあなたは慌ただしく帰ってしまった。雲の間に隠れてしまった月のように。

You were gone before I was able to see whether it was really you that I was seeing after all this time: you vanished like the moon behind the cloud.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ