小倉百人一首の全首を見る

歌番号 56

戻る

和泉式部

いずみしきぶ  
和泉式部

(生没年不詳) 小式部内侍の母。親王や公卿らとの恋を『和泉式部日記』に記す。中古三十六歌仙の一人。

Izumi Shikibu 

(Birth/death dates unknown)She was the mother of Koshikibu-no-Naishi. She wrote of her love for a prince and a high-ranking government officer in the Izumi Shikibu Nikki (Diary of Izumi Shikibu). She was included amongst the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

あらざらむ
あらざらむ
このよのほかの
この世のほかの
おもひでに
思ひ出に

下の句

いまひとたびの  
今ひとたびの  
あふこともがな  
逢ふこともがな  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
来世への思い出にもう一度逢いたいという恋心 
歌意

私の命はもうすぐ尽きてしまうでしょう。せめて、あの世への大切な思い出として、私の命が尽きる前にもう一度だけ、あなたにお逢いしたいものです。

I feel that my life is nearly to its end. In honor of the place I am going, I wish to see you just once more again before I go to that place.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ