小倉百人一首の全首を見る

歌番号 54

戻る

儀同三司母

ぎどうさんしのはは  
儀同三司母

(?-996) 高階貴子。藤原道隆の妻で、伊周や定子(一条天皇中宮)らの母。儀同三司(准大臣)は伊周の官位。

Gidosanshi-no-haha

(?-996 C.E.)Otherwise known as Takashina-no-Kishi, she was also the wife of Fujiwara-no-Michitaka and mother of Korechika and Teishi, empress to Emperor Ichijo. “Gidosanshi” (jundaijin)was Korechika’s official rank.

上の句

わすれじの
忘れじの
ゆくすゑまでは
行く末までは
かたければ
かたければ

下の句

けふをかぎりの  
今日をかぎりの  
いのちともがな  
命ともがな  
部立
恋 
出典
新古今集 
主題
幸福の絶頂において死んでしまいたいという女心 
歌意

いつまでも忘れはしないとおっしゃるあなたのお言葉が、将来いつまでも期待できるものとは思えませんから、今日を最後の命としたいと思います。

You once said that you would never forget me, but as I have no way of knowing that your feelings will not change, I would like to end this life today.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ