小倉百人一首の全首を見る

歌番号 53

戻る

右大将道綱母

うだいしょうみちつなのはは  
右大将道綱母

(937?-995) 藤原兼家の妻で、道綱の母。『蜻蛉日記』に不遇な結婚生活を綴る。中古三十六歌仙の一人。

Udaisho Michitsuna-no-haha 

(c. 937-995 C.E.)Wife of Fujiwara-no-Kaneie and mother of Michitsuna. In the Kagero Nikki (Kagero Diary), she wrote on the theme of unhappy marriage. She is included amongst the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

なげきつつ
嘆きつつ
ひとりぬるよの
ひとり寝る夜の
あくるまは
明くるまは

下の句

いかにひさしき  
いかに久しき  
ものとかはしる  
ものとかは知る  
部立
恋 
出典
拾遺集 
主題
ひとり寝の長くつらい夜の嘆きを相手に訴える心 
歌意

あなたが来ないのを嘆きながら、一人寝る夜が明けるまでの間がどんなにか長いものであるかをあなたはご存じでしょうか。いいえ、おわかりではないでしょうねえ。

I wonder if you know how long the night seems as I wait for you alone, wishing you were here. Alas, I do not think you know.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ