小倉百人一首の全首を見る

歌番号 52

戻る

藤原道信朝臣

ふじわらのみちのぶあそん  
藤原道信朝臣

(972-994) 太政大臣為光の子で、藤原兼家の養子となる。二十三歳で早世。中古三十六歌仙の一人。

Fujiwara-no-Michinobu-ason

(972-994 C.E.)Born to Daijodaijin Tamemitsu, he was adopted by Fujiwara-no-Kaneie. He passed away at the young age of 23, but was named one of the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

あけぬれば
明けぬれば
くるるものとは
暮るるものとは
しりながら
知りながら

下の句

なほうらめしき  
なほうらめしき  
あさぼらけかな  
朝ぼらけかな  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
また逢えると知りながらも別れて帰る夜明けのつらさ 
歌意

夜が明けるとまた日が暮れ、いずれ再びあなたと逢えるとは分かっていても、やはりこの別れを促す夜明けは恨めしいことだ。

The dawn comes and another day passes, and though I know we will meet again, still the sight of the morning light pains my heart.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ