小倉百人一首の全首を見る

歌番号 51

戻る

藤原実方朝臣

ふじわらのさねかたあそん  
藤原実方朝臣

(?-998) 貞信公の曾孫。光源氏のモデルとする説も。陸奥守として任地で没す。中古三十六歌仙の一人。

Fujiwara-no-Sanekata-ason 

(?-998 C.E.)He was the great-grandchild of Teishinko, and some people believe he may be the model for the Hikaru Genji character. He passed away at Mutsu, where he held the position of Mutsu-no-kami. He was one of the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

かくとだに
かくとだに
えやはいぶきの
えやはいぶきの
さしもぐさ
さしも草

下の句

さしもしらじな  
さしも知らじな  
もゆるおもひを  
もゆる思ひを  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
胸にあまる切ない恋心を相手に訴えようとする心 
歌意

こんなに恋い慕っているということだけでもあなたに伝えたいのですが、伝えられない。あなたは知らないでしょう。伊吹山のさしも草のように燃え上がる私の思いを。

I want to tell you only of how much I love you, but I cannot say even that. You have no idea whatsoever of how I feel?you have no clue that my heart burns for you like the grasses of Mt. Ibuki.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ