小倉百人一首の全首を見る

歌番号 50

戻る

藤原義孝

ふじわらのよしたか  
藤原義孝

(954-974) 謙徳公の子で、藤原行成の父。二十一歳で痘瘡にかかり没す。信心深く、極楽往生したと伝わる。中古三十六歌仙の一人。

Fujiwara-no-Yoshitaka

(954-974 C.E.)Son of Kentokuko, he was also father to Fujiwara-no-Yukinari. He died of smallpox at the age of 21. He is said to have been a man of great faith and therefore to have died a peaceful death. He was one of the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

きみがため
君がため
をしからざりし
惜しからざりし
いのちさへ
命さへ

下の句

ながくもがなと  
長くもがなと  
おもひけるかな  
思ひけるかな  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
命まで惜しくないと思った恋の永続を願う気持ち 
歌意

あなたのためにはたとえ捨てても惜しくはないと思っていた命だけれど、あなたに逢った今となっては長生きをしたいと思うようになってしまったよ。

Though I felt I would gladly give up my life for you, after seeing your face I now have reason to want to live long.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ