小倉百人一首の全首を見る

歌番号 5

戻る

猿丸大夫

さるまるだゆう  
猿丸大夫

(生没年不詳)『古今集』真名序に名が記されている歌人。各地に伝承が残るが経歴は不明。三十六歌仙の一人。

Sarumaru Dayu

(Birth/death dates unknown)His name is mentioned in the preface of the classical Chinese version of the Kokinshu waka collection. Though a number of oral traditions related to him exist in many different areas, the background to these is shrouded in mystery. He was one of the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

おくやまに
奥山に
もみぢふみわけ
もみぢ踏み分け
なくしかの
鳴く鹿の

下の句

こゑきくときぞ  
声聞く時ぞ  
あきはかなしき  
秋は悲しき  
部立
四季(秋) 
出典
古今集 
主題
暮れてゆく秋山の寂寥と哀感 
歌意

遠く人里離れた奥山で、一面散り積もった紅葉の枯れ葉を踏み分けながら、恋の相手を求めて鳴く雄鹿の声を聞くときこそ、秋の悲しさはひとしお身にしみて感じられるものだ。

In the depths of the faraway mountains, I step on beds of fallen leaves. I hear a deer calling for his mate, and a feeling of sadness pierces my heart.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ