小倉百人一首の全首を見る

歌番号 48

戻る

源重之

みなもとのしげゆき  
源重之

(?-1000) 清和天皇の曾孫。相模権守など地方官を歴任し、旅の歌を多く残した。三十六歌仙の一人。

Minamoto-no-Shigeyuki

(?-1000 C.E.)The great-grandchild of Emperor Seiwa, he served as a local government officer in several locations including Sagami, composing many poems during his travels. He was named one of the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

かぜをいたみ
風をいたみ
いはうつなみの
岩うつ波の
おのれのみ
おのれのみ

下の句

くだけてものを  
くだけて物を  
おもふころかな  
思ふころかな  
部立
恋 
出典
詞花集 
主題
つれない女性のために思い悩む片思いのやるせなさ 
歌意

風が激しいので、岩にぶちあたって砕け散る波のように、あなたの冷たさに私の心も砕けるくらいに思い悩む今日この頃だなあ。

Like the waves that are smashed up against the rocky coast by forceful winds, your coldness pierces my heart and I feel nothing but heartache.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ