小倉百人一首の全首を見る

歌番号 46

戻る

曾禰好忠

そねのよしただ  
曾禰好忠

(生没年不詳) 教養はあるが、招かれぬ円融院の御遊に参上して追い返されるなど、異色の歌人といわれた。

Sone-no-Yoshitada

(Birth/death dates unknown)Though educated, he was known for his eccentricity, such as arriving uninvited at a gathering hosted by Enyu-in.

上の句

ゆらのとを
由良のとを
わたるふなびと
渡る舟人
かぢをたえ
かぢを絶え

下の句

ゆくへもしらぬ  
ゆくへも知らぬ  
こひのみちかな  
恋の道かな  
部立
恋 
出典
新古今集 
主題
将来の予測のつかない恋の行く末の不安 
歌意

由良の海峡を渡って行く舟人が、櫂をなくしてどうすることもできず、行く先もわからないで漂うように、これからの私の恋の行く末もわからないことだ。

Like a boatman trying to negotiate the water of the Yura strait without his paddles, floating directionless on the seas, I have no way of knowing where my love will take me.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ