小倉百人一首の全首を見る

歌番号 44

戻る

中納言朝忠

ちゅうなごんあさただ  
中納言朝忠

藤原朝忠 (910-966) 三条右大臣定方の子。笙の名人で、三十六歌仙の一人。

Chunagon Asatada

Fujiwara-no-Asatada (910-966 C.E.)He was the child of Sanjo-no-Udaijin Sadakata. Known as a master of the flute, he was also amongst the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

あふことの
あふことの
たえてしなくば
たえてしなくは
なかなかに
なかなかに

下の句

ひとをもみをも  
人をも身をも  
うらみざらまし  
恨みざらまし  
部立
恋 
出典
拾遺集 
主題
逢ってかえってつれなくなった相手を恨む苦しみ 
歌意

もし逢うことが絶対にないのなら、かえってあの人をも私自身をも恨むことはしないだろうに。

If there is no chance on earth for us to meet, then there is no use in blaming either one of us.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ