小倉百人一首の全首を見る

歌番号 43

戻る

権中納言敦忠

ごんちゅうなごんあつただ  
権中納言敦忠

藤原敦忠 (906-943) 時平の三男。三十八歳で早世し、菅原道真の怨霊の仕業とされた。三十六歌仙の一人。

Gonchunagon Atsutada

Fujiwara-no-Atsutada (906-943 C.E.)He was the third son of Tokihira. Having passed away at the age of just 38, he was believed by the people to have been cursed by the vengeful spirit of Sugawara-no-Michizane. He was one of the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

あひみての
あひ見ての
のちのこころに
のちの心に
くらぶれば
くらぶれば

下の句

むかしはものを  
昔は物を  
おもはざりけり  
思はざりけり  
部立
恋 
出典
拾遺集 
主題
契りを結んでからの深い恋心の切なさ 
歌意

どうかしてあなたに逢いたいと思っていたが、逢ってみるとかえって苦しく、切ない今のこの気持ちに比べると、逢う前の恋の悩みは何ほどのこともなかったのだなあ。

I pined with all my heart to cast eyes on you, but once I did it was agonizing. The pain I felt longing to meet you pales in comparison to the despair I feel now.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ