小倉百人一首の全首を見る

歌番号 42

戻る

清原元輔

きよはらのもとすけ  
清原元輔

(908-990) 深養父の孫、清少納言の父。地方官を歴任し、任地の肥後で没した。三十六歌仙の一人。

Kiyohara-no-Motosuke

(908-990 C.E.)Grandchild of Fukayabu and father of Sei Shonagon. After serving as a local government officer in several locations, he died at Higo, one of his postings. He was named one of the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

ちぎりきな
契りきな
かたみにそでを
かたみに袖を
しぼりつつ
しぼりつつ

下の句

すゑのまつやま  
末の松山  
なみこさじとは  
波越さじとは  
部立
恋 
出典
後拾遺集 
主題
約束を守らずに心変わりした女性の不実をなじる心 
歌意

誓い合いましたね。お互いの涙で濡れた袖を絞りながら。心変わりをすれば波が越すという末の松山を波が越すことがないように、私たち二人の愛も決して変わりはしないと。

We promised each other that we would always be there for each other, as we wrung the sleeves of our kimonos wet with our tears. We swore that Sue-no-Matsuyama would be inundated with waves if we ever broke our promise, and so we for Sue-no-Matsuyama we vow that our love will never change.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ