小倉百人一首の全首を見る

歌番号 41

戻る

壬生忠見

みぶのただみ  
壬生忠見

(生没年不詳) 忠岑の子。数々の歌合の作者として活躍したが、官位は低かった。三十六歌仙の一人。

Mibu-no-Tadami

(Birth/death dates unknown)Son of Tadamine, he actively took part in poetry competitions in a number of poetry circles, though his official rank was low. He was one of the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

こひすてふ
恋すてふ
わがなはまだき
わが名はまだき
たちにけり
立ちにけり

下の句

ひとしれずこそ  
人知れずこそ  
おもひそめしか  
思ひ初めしか  
部立
恋 
出典
拾遺集 
主題
ひそかな恋が人の噂になってしまったことへの当惑 
歌意

私が恋をしてしまったという浮き名が、こんなにも早く世間に広まってしまった。誰にも知られないよう自分の心の中だけで、ひそかにあの人を思いはじめたのに。

I wanted to let my love for her grow secretly and quietly in my heart, but my feelings are already the talk of the town.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ