小倉百人一首の全首を見る

歌番号 4

戻る

山部赤人

やまべのあかひと  
山部赤人

(生没年不詳)聖武天皇に仕えた宮廷歌人。自然の美しさを詠んだ叙景歌が特に優れる。三十六歌仙の一人。

Yamabe-no-Akahito

(Birth and death dates unknown)He served as a poet to the court of Emperor Shomu. He was particularly noted for his poems expressing the beauty of natural scenery. He is included amongst the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

たごのうらに
田子の浦に
うちいでてみれば
うち出でて見れば
しろたへの
白妙の

下の句

ふじのたかねに  
富士の高嶺に  
ゆきはふりつつ  
雪はふりつつ  
部立
四季(冬) 
出典
新古今集 
主題
富士山の神聖な美しさへの感動 
歌意

田子の浦の海岸に出て、はるか向こうを仰いで見ると、神々しいばかりの真っ白な富士山の頂に、今もしきりに雪は降り続いているよ。

Approaching the shores of the Tago-no-ura, I look to the horizon to catch a glimpse of Mt. Fuji, swathed in mystical white. Snow keeps falling at its glorious summit.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ