小倉百人一首の全首を見る

歌番号 39

戻る

参議等

さんぎひとし  
参議等

源等 (880-951) 嵯峨天皇の曾孫。丹波や山城など地方官を歴任した。

Sangi Hitoshi

Minamoto-no-Hitoshi (880-951 C.E.)The great-grandchild of Emperor Saga, he served as a local official in areas such as Tanba and Yamashiro.

上の句

あさぢふの
浅茅生の
をののしのはら
小野の篠原
しのぶれど
しのぶれど

下の句

あまりてなどか  
あまりてなどか  
ひとのこひしき  
人の恋しき  
部立
恋 
出典
後撰集 
主題
おさえられない恋心の切なさの告白 
歌意

浅茅が生えている小野の篠原ではないが、この心を耐え忍んでも、耐えきれぬほどにどうしてこんなにも、あなたのことが恋しくてたまらないのだろうか。

I wonder why I must endure this heartbreak?why, as if I were a reed in the meadows, I must keep on enduring, why I miss you so very much.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ