小倉百人一首の全首を見る

歌番号 38

戻る

右近

うこん  
右近

(生没年不詳) 十世紀中頃、醍醐天皇の中宮穏子に仕えた女房。右近の通称は父の官位から。

Ukon 

(Birth/death dates unknown)Served Onshi, empress to Emperor Daigo, as a lady-in-waiting. Her popular name is derived from her father’s rank.

上の句

わすらるる
忘らるる
みをばおもはず
身をば思はず
ちかひてし
誓ひてし

下の句

ひとのいのちの  
人のいのちの  
をしくもあるかな  
惜しくもあるかな  
部立
恋 
出典
拾遺集 
主題
愛を誓った相手が神罰で滅びゆくことを惜しむ恋心 
歌意

あなたに忘れられる私のこの身がどうなろうともかまわない。それよりも神に誓った私との愛を破ったことで神罰が下り、あなたの命が失われることが悔しいのです。

I really don’t care what becomes of me now that you have forgotten about us. It is I who pity you, because you who will lose your life to divine punishment for breaking the promise that we made before God.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ